東欧ブラックメタルガイドブック2

  • HOME »
  • »
  • 東欧ブラックメタルガイドブック2

世界過激音楽9
ウクライナ・ベラルーシ・バルト・バルカンの暗黒音楽

岡田早由(著/文)
ISBN 978-4-908468-31-5
C0073 A5判 328頁
価格 2,400円+税
書店発売日 2019年1月10日

 

 


紹介

第2弾は旧ソ連構成国「新東欧」とバルカン
ブラックメタルは更に過激化!
ウクライナ侵略で民族主義が先鋭化!

闇に包まれた究極のシーンを
ポーランド拠点に現地人脈豊富な
Metal Mania Sayukiが徹底調査

■ウクライナだけでなく東欧、旧ソ連全域代表するペイガンブラック Nokturnal Mortum
■バンデーラ追悼したのに世界的人気を勝ち得たアトモスフェリック Drudkh
■「ウクライナに栄光あれ!」と絶叫しておきながら後年EDMに傾斜 Dub Buk
■女性ダンサーやボンデージも登場するサタニック・ポップ・メタルに転身 Semargl
■架空の星から来たプレデター風コスチュームなのにエスニックメタル Plemя
■反共コンセプトなのに「ハンマー」意味するペイガンRAC Молат
■リトアニア人ナルシストが旧東ドイツ人引き連れてポストブラック N R C S S S T
■三味線や琴披露、剣道着着用ロシア系ラトビア人による神道メタル Yomi
■1920年代独立期の普段着やエストニア人SS義勇兵軍服コスプレイヤー Loits
■検索しにくい名前に改名余儀なくされても旧ユーゴ領域で最も有名 The Stone
■「土」も限定販売した土着宗教的ポストブラックがフロントマン急死 Negură Bunget
■陰毛ロゴで話題かっさらった睡眠導入剤的アンビエントブラック Basarabian Hills

●キエフで開催される世界最大規模のNSBMフェスAsgardsrei
●沿ドニエストル共和国訪問記
●ポンタ首相を辞任にまで追い込んだルーマニアナイトクラブ火災事故

…など充実したコラムも

目次

002 まえがき
003 目次
007 地図
008 用語解説

010 第1章 ウクライナ

015 ウクライナ出身なのに第一次大戦ドイツ軍に拘る軍事オタク 1914
020 所属していたロシアのレーベルと絶縁した国粋的反共主義バンド Aparthate
022 黎明期を支え、アンダーグラウンドを貫いたペイガン・ブラック Astrofaes
025 …of Celestial/Agruss/Akoman/Algeia
026 Ancient Funeral Cult/Angel of Nature/Anthropolatri/Aryadeva
027 Aryan Terrorism/Balance Interruption/Balfor
028 Bergrizen/Betula/Beskyd/Bezmir
029 シュメール、エジプト、チベット神話謳うエキゾチックブラック Blood of Kingu
031 コサックへの愛を炸裂させる愛国主義的ペイガン・ブラック Burshtyn
034 Capitollium/Chapter V:F10/Chernomor/Colotyphus
035 Cuckoo’s Nest/Daemonium/Dammerung/Dark Ages
036 Darktrance/Dead Christ Cult/Deathincarnation/Def/Light
037 Deferum Sacrum/Demonium/Deviator/Devilish Art
038 Diagor/Dragobrath/Dusk Chapel/Dying Blaze
039 バンデーラ追悼しておいて世界的人気を勝ち得たアトモスフェリック Drudkh
043 「ウクライナに栄光あれ!」と絶叫しておきながら後年EDMに傾斜 Dub Buk
045 Echalon/Ego Depths/Elderblood/Endless Battle
046 Endlesshade/Erih/Eskapism/Evil Palace
047 Extravaganth/Fausttophel/Finist/Fleurs du Mal
048 Forgotten Spirit/Funeral Tormently/Gardarika/Gjallarhorn
049 Goliard/GreyAblaze/Gromm/Grotesque Orchestra
050 反共パルチザンやニーチェ主題にしつつもNSBM疑惑は否定する Hate Forest
052 Hexenmeister/Holy Blood/Ieschure/Ignea
053 Kaosophia/Kladovest/Kurgan
054 スラヴ神話太陽神由来のバンド名で心の拠り所コサックを追憶 Khors
058 民族楽器で美メロを奏で、極右思想を絶叫するフィットネスコーチ Kroda
061 KZOHH/Lair/Lamia Culta
062 Last Battle/Lava Invocator/Lugburz Sleed/Luna
063 メンバー絶命の後、夫婦で仲睦まじく薄気味悪いビデオクリップ制作 Lucifugum
067 Mars Mantra/Mental Torment/Midgard/Mind Propaganda
068 Mistigo Varggoth Darkestra/Mlekra/Molphar/Morkesagn
069 限定リリースを毎年大量にリリースし続けるアンビエントブラック Moloch
077 Mørkt Tre/Munruthel
078 My Dying World “Mako”/Myrkvids Draumar/Mysterion Noctum/N█O
079 Nahemoth/Narrow House/Natural Spirit/Nocturnal Amentia
080 ウクライナだけでなく東欧、旧ソ連全域代表するペイガンブラック Nokturnal Mortum
084 キエフで開催される世界最大規模のNSBMフェスAsgardsrei
086 Ognivir/Old Scythia/Old Silver Key/Ossadogva
087 OwlCraft/Paganland/Primogenorum/Quintessence Mystica
088 帝政ロシア時代の詩や絵画を活用しまくる沈痛ドゥームブラック Raventale
091 Reusmarkt/Ritual Suicide/Ruina/Sanatana
092 Satan’s War Machine/Satanica/Sauroctonos/Screaming Forest
093 女性ダンサーやボンデージも登場するサタニック・ポップ・メタルに転身 Semargl
096 Serpens/Severoth/Shadows Ground
097 Shadows of the Fallen/Sobbing Wind/Somnia/Stryvigor
098 Symuran/Tangorodream/The Misanthropic Apathy/Through
099 Thunderkraft/Total Angels Violence/Ulvegr
100 Ulvegr/Ungern
101 Ungoliantha/Unholy Triumphant/Unholyath/Until My Funerals Began
102 Uterus/Vastum Silentium/Vermis Mysteriis/Virvel av Morkerhatet
103 Vitaliy Sytnik/Viter/Vöedtæmhtëhactått/Voin Grim
104 While They Sleep/White Ward/Windswept/Winter Depression
105 Wolftomb/Xul/Ygg/Zgard
106 Zgard/Буревій/Вихор/Гетьман
107 Говерла/Горинь/Дальше Некуда/До Скону
108 Евроклідон/Заводь/Лютомысл
109 Лють/Морок/Ніч/Неизбежность
110 Патриарх/Русич/Сварга/Свентояр
111 Святогор/Сказ/Сокира Перуна
112 Триглав/Тринадцатый Бубен/Чиста Криниця/Чур
113 キエフのメタルショップ案内

116 第2章 ベラルーシ

119 [Für]/Łatanu/Aeon Noctis/Aphoom Zhah
120 Apraxia/Balrog
121 Beyond the Darkness/Blaine Rohmer/Chernolesie/Desolate Heaven
122 Dialectic Soul/Dies Nefastus/Divina Enema/Doomslaughter
123 Door into Emptiness/Dymna Lotva/FolCore/Folkvang
124 Folkvang/Gods Tower/Grafzerk
125 Homoferus/I’m Nothing/ID:Vision/Imšar
126 Infestum/Interior Wrath/Iratus Dominus
127 Kaat/Kamaedzitca/Khragkh
128 Kripa/Kruk/Leprous Vortex Sun/Litvintroll
129 Longa Morte/Lutavierje/Massenhinrichtung/Medea
130 MoonWay/Mora Prokaza/Nebulae Come Sweet/Nightside Glance
131 Ordo Templi Orientis/PD SS Totenkopf/Pestilentia/Piarevaracien
132 Pogost/Raven Throne/Reido/Revelation
133 架空の星から来たプレデター風コスチュームなのにエスニックメタル Plemя
138 Sick/Šmiercieslaŭ/Soulcide/Šturm
139 Tartavara/Thou Shalt Fall/Vapor Hiemis/Victim Path
140 Vietah/Vojstrau/Vox Mortuis
141 Wackhanalija/Wartha/Wisdom of Shadows/Woe unto Me
142 Zaklon/Zdań/Zmrok/Znich
143 Дрыгва/Дьяволиада/Заповет/Коло Прави
144 反共コンセプトなのに「ハンマー」意味するペイガンRAC Молат
146 Родогост/Сымон-Музыка/Трызна/Яр
147 読み方がわからないバンド名

150 第3章 バルト三国

150 リトアニア
151 ラトビア
152 エストニア
156 Altorių Šešėliai/Amžius/Andaja/Anubi
157 Argharus/Beprasmybė/Blackthru/Cheerful Depression
158 Dark Ravage/Deprivacija/Devlsy/Dissimulation
159 Dissimulation/Extravaganza/Fuck Off and Die!/Ha Lela
160 Haeiresis/Inquisitor/Juodvarnis/Luctus
161 Meressin/Nahash/Nyksta
162 リトアニア人ナルシストが旧東ドイツ人引き連れてポストブラック N R C S S S T
165 Obtest
166 Pergalė/Poccolus/Romuvos
167 Screaming Silence/Sisyphean/Svartthron
168 Ūkanose/Zpoan Vtenz/Agares/Audrey Fall
169 Begotten/Catalepsia/Dark Domination/Dothbogria
170 Eschatos/Frailty/Green Novice/Grondh
171 Heaven Grey/Heresiarh/Last Decline/Nycticorax
172 Protean/Shadowdances/Urskumug/Varang Nord
173 米大手レーベルからもリリースした正統派色残るペイガンフォーク Skyforger
176 ラトガリアのヘヴィメタルを研究し教え子とも共演する古典文学博士 Sovvaļnīks
180 DSBMからまるでヒーリング・ミュージックのシューゲイザーロック Sun Devoured Earth
183 Velnezers/Bestia/Celestial Crown/Forgotten Sunrise
184 三味線や琴披露、剣道着着用ロシア系ラトビア人による神道メタル Yomi
186 1920年代独立期普段着やエストニア人SS義勇兵軍服コスプレイヤー Loits
192 Manatark/Must Missa/Ocean Districts/Realm of Carnivora
193 エストニア語歌詞で文化普及、教育科学省言語学演技賞にノミネート Metsatöll
197 Sõjaruun/Sorts/Süngehel/Tarm
198 Tharaphita/Thou Shell of Death/Urt
199 Urt/Vanad Varjud/Tapper/Põhjast
200 東欧マニアック観光2

203 第4章 西バルカン

203 セルビア
204 クロアチア
205 スロベニア
206 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
207 モンテネグロ
208 マケドニア
209 アルバニア
216 謝肉祭用獣コスチュームしながら割とまともなメロディックブラック All My Sins
219 Angelgoat/Bane/Bethor
220 Carnival of Flesh/Dead Shell of Universe/Draconic/Endarken
221 Endlife/Goddess/Hetera/Introitus
222 Joys of Life/Kagan/Khargash/Kolac
223 Kozeljnik/Ljuska/May Result/Mor
224 Númenor/Ophidian Coil/Paimonia
225 Rain Delay/Salamander Funeral/Samrt/Sangre Eterna
226 Sangre Eterna/Satifer/Shadowdream/Simargal
227 Stone to Flesh/Strahor/Svartgren/Terrörhammer
228 検索しにくい名前に改名余儀なくされても旧ユーゴ領域で最も有名 The Stone
233 Triumfall/Utvar/Vranorod/Wolf’s Hunger
234 Zloslut/Искон/Armatus/Ashes You Leave
235 Black Cult/Bustum/Castrum/Defiant
236 Depressor/Durthang/Exterior Palnet/Frozen Forest
237 Gorthaur’s Wrath/Hysteria/Infernal Tenebra/Johann Wolfgang Pozoj
238 Kult Perunov/Manheim/Mischosen/Necro Forest
239 Nekrist/Pogavranjen/Slavogorje/Stribog
240 Tenebrositas/The Frost/Udûn/Voloh
241 Wasteland/Winterfront/Wolfenhords
242 Zimorog/Ater Era/Avven/Bleeding Fist
243 Brezno/Condemnatio Cristi/Cvinger/Dalkhu
244 Dekadent/Exsilium/Foglet
245 Grob/Human Putrefaction/Inexistenz/Ivje
246 Kreation Kodex/Magus Noctum/Morana/Mordenom
247 Naberius/Nephrolith/Nephthys/Neurotech
248 Noctiferia
249 Provocator/Samomor/Smargroth/Somrak
250 Srd/Stars Will Burn Your Flesh/Temacnost/Torka
251 Valuk/Veldes
252 Vigilance/1389/Agonize/Interfector
253 Krv/Obskuritatem/Odar/Void Prayer
254 Zvijer/Sahrana/Satan
258 ボスニア・ヘルツェゴヴィナの中の「スルプスカ共和国」とは
260 Aeon Arcanum/Ambroz/Arkonian/Dissidens
261 Gargoyles/Maras/Saint of Fear and Rage/Siniac
262 Потоп/Abhoth/Morana/Placid Art
263 Rikavac/Zaimus/Визант/Nihil
264 Shiptarian Darkness
264 コソヴォにブラックメタルは皆無
265 レーベル紹介

271 第5章 東バルカン

271 ブルガリア
272 ルーマニア
273 モルドバ
279 Amor e Morte/Aryan Art/Bagatur
280 Belgarath/Biophobia/Bleeding Black/Bolg
281 Claymore/Cupola/Dark Inversion/Darkflight
282 88/Calth/Exile
283 Gaskammer/Morth/Perverse Monastyr/Raggradarh
287 Dimholt/Forest Troll/Frozen Tears/Inspell
288 Invidia/Khanъ/Korozy/Melancholic Journey
289 Orenda/Ork/Paganblut/Sabrax
290 Sarakt/Serpentine Creation/Shambless
291 Svarrogh/The Revenge Project/Vrani Volosa/Zaratustra
292 Ненавист/Пантократор/Полуврак/Родна Защита
293 Aabsynthum/Akral Necrosis/An Theos/Apa Simbetii
294 Argus Megere/Ashaena/Athene Noctua/Autumn, Leaves, Scars
295 Belzebut/Bereft of Light/Bloodway/Bucium
296 ポンタ首相を辞任にまで追い込んだルーマニアナイトクラブ火災事故
298 パワーメタル並のクサさで「ブナの国から」来日希望のフォークメタル Bucovina
303 Carpatica/Cursed Cemetery/Death Nöize/Descend into Despair
304 Dordeduh/False Reality/Fogland/Funeral Baptism
305 God/Grimegod/Hoyt/Inbreed Aborted Divinity
306 Indian Fall/Ka Gaia An/Kandaon/Katharos XIII
307 土着宗教的ポストブラック、「土」も限定販売してフロントマン急死 Negură Bunget
310 Kistvaen/Kultika/Marțolea/Ordinul Negru
311 Prohod/RA/Satanochio/Siculicidium
312 Sorgnatt/Syn Ze Șase Tri/Tenebres
313 The Hourglass/Vermilion/Vokodlok/Wolfsgrey
314 陰毛ロゴで話題かっさらった睡眠導入剤的アンビエントブラック Basarabian Hills
316 Advent Fog/Caligo/Chordewa/Esperoza
317 Harmasar/Red Star Kommando/Witch Desire
318 沿ドニエストル共和国訪問記

322 索引
326 あとがき

前書きなど

ブラックメタルは、90年代初頭にノルウェーで誕生したヘヴィメタル音楽のサブジャンルで、今では世界中に数多くのバンドとファンが存在している。死体をイメージしたコープスペイントと呼ばれる白塗りメイクを施し、黒衣と禍々しい鋲を纏い、悪魔崇拝や反キリストについて絶叫するスタイルが一般的なブラックメタルのイメージである。しかし現在は、ブラックメタルの中でもさらにジャンルが枝分かれし、先述のスタイルに当てはまらないバンドも山ほどいる。
前巻では、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーのブラックメタルを取り扱った。メインとなるのはポーランドで、今や国を代表し世界中で大人気を博しているBehemothを筆頭に、90年代から活動し、ポーランドのブラックメタルの黎明期を支えたArkonaやGraveland、Besatt、そして2000年代に活動を始め、新たな旋風を巻き起こしたFuria、Mgła、Batushkaなど、新旧ありとあらゆるバンドで賑わっている。ポーランドの真下にあるチェコでは、80年代後半から活動し、エクスペリメンタルな作風で根強い人気を誇るMaster’s Hammer、90年代初頭に結成してからストイックにプリミティブスタイルを貫くManiac Butcher、オカルト色の強いInfernoやCult of Fireなど、かなり個性の強いバンドが多い。スロヴァキアは、バンド数自体は少ないものの、クオリティの高いデプレッシブ・ブラック系のバンドが数多く見られる。これら3国とは全く異なる言語を有するハンガリーは、ブラックメタルの生きる伝説といっても過言ではない、MayhemのボーカリストAttilaの出身地。彼が在籍しているTormentorは、1985年に結成し、その邪悪でスラッシーな音楽性は、数多くのバンドに影響を与えた。
今作で紹介した国々は、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、エストニア、セルビア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モンテネグロ、マケドニア、アルバニア、ブルガリア、ルーマニア、モルドバと実に15か国に及ぶ。その中でも目玉となるのは、約60万km²の国土と、約4500万人の人口を誇るウクライナである。
1991年、ウクライナの東北部の都市ハルキウで、Suppuration というデスメタルバンドが結成された。やがてそのバンドはNokturnal Mortumと改名し、今ではウクライナを誇るブラックメタルバンドとなっている。フロントマンのKnjaz Varggothは、Aryan TerrorismやWarheadといったバンドでも活動していたことがあり、NSBMの先駆者の一人として世界的に名を馳せている。1995年には、後にDrudkhというアトモスフェリック・ブラックメタルなどで活動するメンバーによって、Hate Forestも登場する。2000年代に入ってからはDrudkh、Kroda、Khorsなどが続々と活動を始める。
ウクライナの真上に位置するベラルーシでは、1989年にChemical Warfareというデスメタルが現れる。そして、1992年にはGods Towerと名前を変えてペイガン・フォークを演奏するようになり、ベラルーシのベテランメタルバンドとして君臨している。
バルト三国は、どの国も人口が少ないこともあり、バンド数自体が少ないものの、良質なペイガン・フォークが多く見受けられる。特にリトアニアは、有名バンドがいるわけではないが、90年代初頭から半ばにかけて、個性的なバンドが登場している。
西バルカンには、世界的に知名度の高いバンドはあまりいないものの、正統派ブラックからペイガン系、アトモスフェリック系と、偏りなく様々なジャンルのバンドが揃っている。対する東バルカンは、1994年のルーマニアにWiccan Redeというシンフォニック・ブラックメタルバンドが現れ、翌年にはNegură Bungetと改名し、ルーマニア随一のブラックメタルバンドとして名を挙げた。欧州最貧国とも言われ、バンド数自体がかなり少ないモルドバからも、読めないロゴと美しいアンビエント・ブラックで人気を博すBasarabian Hillsがいる。
また、前巻でもそうだったが、あまりブラックメタル要素は感じられないものの、ブラックメタルとの親和性が高いジャンル(フォークメタルなど)のバンドも紹介している。また、西バルカンに位置するコソヴォには、エクストリーム系のバンドがいなかったため、紹介を省略している点もご了承願いたい。

著者プロフィール

岡田早由 (オカダ サユキ)
平成生まれ。高校時代にKing Diamondに出会い、さらにエクストリームな音楽を求めるうちにブラックメタルを聴くようになる。2014年にポーランドにFuriaのライブを観に行ったのをきっかけに、以後、ポーランドを拠点に活動を始める。ディストロサイト『Dekalog11』を運営しており、東欧諸国のエクストリームバンドの音源やマーチの販売のみならず、バンドへのインタビューなども行っている。Dekalog11の由来は、ポーランドの著名な映画監督クシシュトフ・キエシロフスキの作品『Dekalog』から来ている。

PAGETOP
Copyright © 合同会社パブリブ All Rights Reserved.