中国遊園地大図鑑 中部編

  • HOME »
  • »
  • 中国遊園地大図鑑 中部編

中国珍スポ探検隊2
関上武司(著/文)
ISBN 978-4-908468-08-7
C0076 四六判 224頁
価格 2,200円+税
書店発売日 2017年2月10日

 

 


紹介

君の名は?

ドラえもん?ミッキー?フェリックス?

ここはどこ?パリ?ロンドン?ベルリン?戦前上海?

超巨大関羽像・世界最大映画撮影所・航空母艦
本物の上海ディズニーランドやハローキティパークも

●シリーズ第二弾は上海を含む中国中部。近年富裕層激増エリアの為、
いんちき遊園地と圧倒的スケールを誇るテーマパークが入り乱れる!

●パクリなしの全部ホンモノ! 中国本土初のディズニーランド!!

●本物だけど遠すぎ!中国の僻地に出来たハローキティパーク

●超大型公園の国防教育区にある実物大の航空母艦 東方緑舟

●1930年代のオールド上海を再現したオープンセット 上海影視楽園

●三国志ゆかりの地に全高48mの関羽像現るの関羽像現る 関公義園

●英国人ミュージシャンもMVを撮影したパリ風ゴーストタウン 広厦天都城

●Blizzardのゲームの世界観を丸パクリのテーマパーク 嬉戯谷

●空前のスケール!世界最大の撮影所に驚愕せよ!! 横店影視城

●人気温浴施設とゆるキャラをパクッた純日式温泉遊楽園 大江戸温泉物語

●「偽ガンダム」「日本事情を伝える雑誌『知日』」「変な看板」特集コラムも!

目次

002 まえがき
003 目次
005 中国の遊園地でよく見るキャラクター事典

007 第1章 華中地方1 上海市
008 パクリなしの全部ホンモノ! 中国本土初のディズニーランド!! 上海ディズニーランド
028 偽ガンダム中国の大地に立つ!!
030 上海で最も高い観覧車と謎装備の偽ガンダム! 錦江楽園
040 1930 年代のオールド上海を再現したオープンセット 上海影視楽園
052 習近平も視察したイギリス風ゴーストタウン テムズタウン
060 ドイツ風ゴーストタウンはまだまだ拡張予定? 安亭新鎮
066 超大型公園の国防教育区にある実物大の航空母艦 東方緑舟
074 人気温浴施設とゆるキャラをパクッた純日式温泉遊楽園 大江戸温泉物語
081 日本を紹介する中国の雑誌『知日』が凄い!! 

085 第2章 華中地方2 江蘇省
086 ライオンのオリジナルキャラと東方のディズニー 蘇州楽園
094 世界遺産・退思園に隣接するセックスミュージアム 中華性文化博物館
098 ヨーロッパ風オープンセットを再利用した公園 蠡湖中央公園
102 中国最古の巨大エアコン装置も再現した撮影所 無錫唐城
106 東方のハリウッドと称えられる映像製作基地 無錫三国城・水滸城
112 仰天! 遊園地のパクリキャラグッズ2!! 
114 Blizzard のゲームの世界観を丸パクリのテーマパーク 嬉戯谷
132 激熱! 中華ウェディングフォトの撮影現場!!

135 第3章 華中地方3 浙江省・安徽省・湖北省
136 中国最大級のチェーンのテーマパーク 蕪湖方特歓楽世界
146 三国志の古戦場の公園で発見した激レア・パクリキャラ 逍遥津公園
150 三国志ゆかりの地に全高48mの関羽像現る 関公義園
158 華中地方最大の「共産党人」テーマパーク 武漢南湖幸福湾水上公園
162 3匹の蟻がオリジナルキャラの老舗のチェーン・テーマパーク 武漢歓楽谷
168 大学が世界的有名建築の山塞版に込めた思いとは? 武漢商貿職業学院
172 衝撃! 華中地方の変な看板特集!! 
174 空前のスケール! 世界最大の撮影所に驚愕せよ!! 横店影視城
192 サンリオ公認のテーマパークが開園! 杭州ハローキティ楽園
204 英国人ミュージシャンもMV を撮影したパリ風ゴーストタウン 広厦天都城

223 あとがき

まえがき

中国の遊園地を紹介する本シリーズの第2弾は中部編ということで上海市、江蘇省、安徽省、湖北省、浙江省といった中国でも経済的に発展した華中地方の遊園地・テーマパークの情報をお届けしたい。中国経済の成長も鈍化していると言われているが、中国全土のほとんどの大都市を短期間で高速鉄道が結ぶようになり、中国各地で地下鉄の開発ラッシュも継続されている。膨大なチャイナ・マネーは生活水準が向上した中国人を国内レジャー産業への消費を促すべく、遊園地・テーマパーク開発に投資される。その結果、本書で紹介する「上海ディズニーランド」や「杭州ハローキティ楽園」といった外国産コンテンツで勝負をかけるテーマパークも登場したり、版権的に問題のある上海の「大江戸温泉物語」のような温泉テーマパークが営業したりするのは、かつて日本がたどった同じ道だが(2006年に廃園した奈良県のドリームランドはディズニーランドの模倣と言われる)空前のスケールで建設された浙江省の「横店影視城」のような撮影所・娯楽施設も存在する。
中国が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)は正直、うさんくさいイメージがぬぐえない国際銀行であり、中国の高速鉄道輸出は失敗ばかりだ。しかし例えば中国のロケット開発の技術は決して馬鹿に出来ない水準に達しているので、中国の産業や技術を日本人の観点で全て否定するのは偏見というものだろう。本書で紹介する安徽省の方特歓楽世界はディズニーのコンセプトをパクりながらも中国各地の大都市や海外でも展開しているので、中国のレジャー産業の今後は意外な発展を遂げるかもしれない。近隣の東南アジア諸国も経済成長しているので、本書北部編で解説したようなネズミ型コースターのような中国製のパクリ遊具もすでに輸出していると予想される。筆者としては輸出されたパクリ遊具は地域ごとに独自の“お笑い”の方向へ進化してほしいと考えている。そのような遊具を撮影された方は是非、SNSやブログにUPして情報をネットで共有していただきたい。
なお、本書のタイトルは『中国遊園地大図鑑 中部編』となっているが、北部編の用語集に解説したように元来、遊園地とテーマパークは似ているが異なる観光施設だ。また、本書では純粋な娯楽施設ですらなく強烈な外観の教育施設や鬼城(ゴーストタウン)まで収録しているが、「インパクトを重視した結果」ということで大目に見ていただきたい。中部編ではネットでも話題になった「共産党テーマパーク」や「超巨大関羽像」といった物件に驚いてほしいし、美少女萌えキャラの視線を感じながら使用するテーマパークの男子トイレに困惑してほしい。海外ガイドブックに分類される本シリーズでも読者のほとんどが現地まで足を運びたがらないと筆者も何となく理解しているが、本書でも中国語ができない人間を拒むかのようなアクセスが悪い物件も紹介している。時間がない、渡航資金がない、中国語が理解できないといった現地まで行く気にならない理由は列挙すればいくらでもあるだろう。それでも極めて少数の読者が万難を排して実際に中国の遊園地やテーマパークへ訪問することを願っている。

著者プロフィール

関上武司(セキガミ タケシ)
愛知県在住の技術職のサラリーマン。1977年生まれ。日本や中国のB級スポットや珍スポットを紹介する旅行ブログ『軟体レポート』の管理人。南方訛りの中国語の使い手であり、合気道・少林寺拳法二段、弓道初段。本書の取材は全てサラリーマンの本業の休みだけを使って強行スケジュールで行っている。生まれつき非常に柔らかい身体の持ち主で、初対面の人物に軟体芸を披露して驚愕させる事を至上の喜びとしている。オーストラリアにて軟体大道芸で生活費を稼いでいた経歴があり、軟体大道芸と本書は笑いと驚きをモットーに構成している。

PAGETOP
Copyright © 合同会社パブリブ All Rights Reserved.